読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

娘への手紙

「ある数を3倍しても、同じ数に10を足しても、結果は同じになりました。もとの数は何だったでしょう?」

という問題を小学校1年生の娘に出した。娘は1から順に始めて「1×3=3、1+10=11だからダメ、2×3=6、2+10=12ダメ、……」と試してゆき、ほどなく5×3=5+10=15を見つけた。

以下の半分くらいはすでに本人に伝えたが、これから伝えたいことも含めて手紙にした。


よく見つけたね。

これ、答えが5でラッキーだったね。30とかだったら、今のを30回やらないといけなくて大変だね。

もし50まで試しても見つからなかったら、「そもそもそんな数なんて、ないんじゃないの?」って、不安になる。

でも、どこまで試しても「そんな数はない」って言いきることはできない。「自分で見つけられなかっただけじゃないの?」って言われたら、言いかえせない。

それに、答えは5だけかな?そんなことを言われたら、また6も7も試さないといけなくなるね。

1から順番に試す方法は、

・ものすごくたくさん試さないと見つからないかもしれない
・いくら試して見つからなくても、「そんな数はない」とは言いきれない
・ひとつ見つかったとしても、「それ以外に答えはない」とは言いきれない

という心配がある。もし、

・ひとつひとつ試さなくてもよくて、
・答えがないときはそう言いきれて、
・答えがこれ以外にはない、ということも分かる

ような、そんな方法があったら便利だね。

あるんだ。

今は説明しないけれど、そのうちどこかで習うかもしれない。

その解き方を身につけたら、ひとつひとつ試す人がばかに見えるかもしれない。

これからいろんな先生に算数を習って、

「この方法でできるようになりなさい」

とか、

「こっちのほうが良い解き方です」

とか、そんな言葉を聞くこともあるだろう。

自分と違う方法を習ったら、どんどん身につければいい。

でも、これだけは忘れないでほしい。

算数にはいろんな解き方があって、正しければどんな方法でもいいんだ。

それぞれに良いところや弱いところがあったりするけれど、

「いちばんいい方法」がひとつだけきまっているわけじゃない。

「まだ習ってませーん」なんて言わずに1から順番に試したのは、

本当に、本当にかしこいことなんだよ。